071_700


久々に更新する。
・・・死んじゃあいないよ?




最近仕事が忙しいというか、
まぁそれは言い訳なのかもしれないけど、PCを開く時間がめっきり減ってしまった。

残業多くて帰ってくるの遅いからなー・・・というか疲れて寝てしまうこと多し。
休みの日はもっぱら寝てます。それか友達と遊びに行く。

思い立って香川に3時間かけて、美味いうどん食いに行ったりもしてたが。


仕事的には・・・
某新東京市の国際公務員とか、
立体機動を駆使する壁の中の兵団とか、
ヨーロッパの傘印の製薬会社職員とか、
魔法魔術学校の生徒と一緒に食堂で飯食うような日々を送ってるわけです。

まぁそれは置いといて、仕事のほうもソコソコ落ち着いてきたので、
気持の良い忙しさを感じながら頑張ってますよ。




さて、タイトルとは変わって。

ちょっと前に、燐光なブラゲの運営(しかもチーフ)の方と語り合う機会がありまして。
多分知ってる人は知ってるのだろうけど・・・あれ何時間ぐらいだったかなー三時間ぐらい?
内容を言うわけにはいかないけども、色々な裏話を聞くことができて、
すげー楽しい時間を過ごさせていただきました。

私は大分遠のいてしまってるけどね。しゃーない。


話を聞いてて思ったのは、小規模(失礼)なオンゲの運営だと、
ユーザーの影響はかなり受けているみたいだということ。
つっても、尻尾振ってるわけではないけど、やっぱり一番の情報源はプレイヤーの声なのかもしれない。

いやでもマジネトゲ運営って大変だわ。
とてもじゃないけど私にゃ出来ん。プレイする側でいいや。
そう思いました、まる。




.